国際青少年連合スタッフのブログ

国際青少年連合スタッフのブログです。青少年たちの人生が大きく変わっていく姿を見ていつも感動を受けています。

【スポンサーリンク】

国際青少年連合のマインド教育著書「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー2

国際青少年連合のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー2

著者 パク・オクス顧問

 

f:id:bennaya67:20170815200012j:plain

 

「私はきっと大物になる!」
その自負心が呼んだ苦難の歳月

私の知り合いの中で「キム・ギソン」という人がいます。彼は小さな島で育ち、その村ではにんにくの農業が盛んでした。彼が高校生のときのことですが、にんにくは初夏に収穫するのですが、村の人たちが収穫を終え、今日はこのままにして、明日家に運ぼうと、そのまま畑に積んだまま帰りました。

ところが、彼と5人の仲間が、ある畑にあったにんにくを盗んで売ってしまいました。それで、盗まれた人が警察に届けたのですが、小さな島だったのですぐにばれて彼と仲間5人はみな捕まってしまいました。そして、船に乗せられ、本土の警察に引き渡されました。

彼は6人全員が刑を受けるのも、自分が代表で刑を受けるのも、刑を受けるのは同じだと思いました。それで、一人で責任を負うことに心を決めて事件を担当した警察官にこのように言いました。


「実は、にんにくを盗むように誘ったのは僕です。リヤカーも僕が準備して、僕が盗んで、にんにくを売ったお金も僕ひとりで使いました。仲間はただ指示に従っただけです。何の罪もありません」

警察官は確認をしてから5人は家に帰して、彼だけを拘束しました。
彼は3ヶ月間、留置所で過ごし、船に乗って島に戻りました。彼は島についたものの、町の人たちに後ろ指をさされるのではないかとためらっていました。


ところが、村の入口まで来ると、村の人たちが店の前でお酒を飲んでいて、ギソンが現われたとたん、彼に拍手を送りました。村長は親指を立てながら彼をほめました。
「お前はきっと大物になる!男の中の男だ!」

彼はなぜほめられているのか、理由がわかりませんでした。後で知ったことですが、彼が何もかも自分1人でやったといって罪を一人で背負って、仲間を帰したことが知れわたって、にんにく泥棒が一気に英雄になっていました。

その時から「俺は大物になる」という思いが頭から離れませんでした。そして、島では大物になる可能性が低いので、ソウルに行くことにしました。しかし、ソウルでの生活は思っていた以上にきびしく、大物になる自分に合うような仕事がありませんでした。


彼の心は高く、状況はきびしく、食べ物に困る日々が続き、やくざの生活をするようになりました。「一度死ぬのは定めだ。男らしく生きて死のう。」そう覚悟を決めると、何も恐いものはなくなり、彼は荒れた生活を送りました。


そんなある日、ライバルの組織で巨額の現金を輸送するという情報を入手し、そのお金を奪い取ることにしました。仲間たちと現金輸送車を追いかけて行き、人のいない所で道をふさぎ、そこで取っ組み合いになりました。

相手は6人でこちらは3人でしたが、なかなか決着がつきませんでした。ついに現金カバンを奪い取れそうでしたが、そのカバンを持っていた人をいくら殴っても手放そうとはしませんでした。結局、彼をナイフで刺して殺してしまいました。

 

殺人罪で刑務所に入りました。刑務所にいても自分は大物になる人間なので、常に喧嘩を売りました。ある日、悪質な囚人と喧嘩をしたのですが、刑務官が相手は大目にみてあげて、自分だけが罰を受けました。それで、怒った彼は体を縛られたまま刑務官の顔を足で蹴り、彼は起動隊員たちにひどく殴られました。

彼はその刑務官たちに復讐しようと思っていました。焚き木を燃やす仕事をしていた彼は、鉄の棒を拾って炎に入れて、指ぐらいの長さに折りました。そして時間さえあればそれを焼いてナイフをつくり機会をねらっていました。ある時、刑務所の廊下で例の刑務官の首にナイフを当てながらいいました。

「俺は、この世の中じゃ良い扱いをされないし、生きるのも嫌になった。だから、あの世に行こうと思うんだが俺1人で行くのはちょっと寂しいじゃねえか。一緒に行こう。」


刑務官はガタガタ震えました。彼は刑務官を引いて独房に入り、「刑務所長を呼べ!法務大臣を呼べ!そうしなければこいつを殺すぞ!」と叫びました。そのことで刑務所が大騒ぎになりました。

どうすれば刑務官を助けることができるかと話し合い、独房の部屋の壁を崩すことにし、30人が電信柱ぐらいの太さの丸太をかついで、壁を突きました。するとその壁が崩れて、二人ともがれきの下敷きになり気絶しました。

彼は後で気がつくと、とてもたくさん殴られて体が動きませんでした。そのことがあってからは刑務所で誰も彼に手を出す人はいませんでした。「やっと俺のことを人間らしく扱ってくれるじゃねえか。そうこなくっちゃ。」

彼はいつもこんな生き方をしました。囚人たちは一定の期間が過ぎたら他の刑務所に移されますが、そこでもし自分を無視するような刑務官がいれば、またその刑務官を人質にして騒ぎを起こしました。そのせいで刑が延びるばかりでした。それでも、彼は屈服を知りませんでした。

刑務所の生活が長くなるにつれて健康状態が悪くなり、急性肝炎にかかって倒れてしまいました。刑務所の医務官には心の安定が何より重要だと言われましたが、彼の心は火山のようにグツグツ燃えていたので、それは無理でした。足を延ばすこともできない狭い部屋で、壁に向かってののしったり、笑ったり、泣いたりしながら、怒りを発散しました。

彼は自分の精神状態がおかしくなっていくのを感じました。健康だけは自信がありましたが、病気のせいで、喧嘩したくてもできなくなりました。長くて暗いトンネルのような自分の人生が初めて嫌になり恐くなりました。彼の心に苦痛が押し寄せてきました。普通の囚人たちなら耐えられない肉体的苦痛も軽く乗り越えてきた彼でしたが、それとは異なる苦しみでした。

 

『俺はなぜこうなってしまったのか?』23才で刑務所に入り、若い時期を刑務所だけで過ごしている自分が虚しくなりました。一人さびしくいることが辛くなりました。『心を交わす人が欲しい。話し相手が欲しい。』

家族を思い出し、親孝行もできず死んでいくと思うと胸がしめつけられました。今まで一度も家族のことは考えたこともありませんでした。面会もできない独房で死んでいくと思うとたまりませんでした。

刑務所で死刑執行があった日のことですが、1人の死刑囚がひどく暴れながら引きずられて行くのを目にしました。前日までタバコの吸い殻の奪い合いで喧嘩をして、いばり歩いていた死刑囚でした。まるで自分の姿を見ているようでした。

『私も彼のように死んで終わるのに。何でこういう生き方をしてきたのか?』

彼は今までの生活を反省し、新しい人生を歩みたいと思いました。その後、彼の考えに大きな変化があり、今は刑務所から出て、以前とは全く違う人生を歩んでいます。

 

国際青少年連合のマインド教育で絶望的な人生から幸せな人生に変わります!

 

>>>「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー3 へ続く

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー1

国際青少年連合のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー1

著者 パク・オクス顧問

f:id:bennaya67:20170810215302j:plain

知恵

 

真の知恵は
自分の足りなさを知ることである

誰でも「優れている」と思っている部分があります。口にはしなくても心の中で『私はこういう面では人より優れている』といって自分のことを信じています。それは自分より優れた人に会ったことがないからです。


真の知恵は自分の足りなさを知ることである


もうじき人生の4分の4が川に沈んで行くよ

人は誰かににだまされてしまうこともありますが、そうすると人を信用してはいけないと思います。そして信じられるのは自分だけだと思うようになります。自分を信じる人たちは、自分の考えが正しいと思っていますが、そのような人の人生は不安で危険がいっぱいです。なぜなら、人間は不完全な存在なので、自分の判断がいつも正しいとは限らないからです。


自分の判断が、正しいのか正しくないのか確かめる必要がありますが、自分を信じる人は深く考えずに行動に移します。

 

ある川で渡しの仕事をしていた年配の船頭がいました。お客も多くなく、一日に4回ぐらい行ったり来たりしていました。そんなある日、その町で生まれ育った人が博士になって、里帰りをしました。すると、彼が小さいときから船頭をしていた人が、今も船頭をしていたのでした。


若いとき故郷を離れて、一生懸命勉強して博士になって故郷を訪問した彼の目には、長年、船を漕いでいる人がみすぼらしく哀れに見えました。彼は自分の学歴を自慢したくて、船に乗りながら船頭さんに声をかけました。
「あの…」
「何でしょう。」
「失礼ですが、哲学についてご存じでしょうか?」
「テツガク?それは何だべ?初めて聞く言葉だなあ。」
「人生そのものが哲学なのに、哲学を知らないとは…。船頭さんは人生の4分の1が死んだも同然です。」


船頭さんは、少し気分を害しましたが、自分の学歴も低いので黙っていました。

そこで、博士はまた聞きました。
「あの…」
「何でしょう。先生。」
「それじゃ、文学についてご存じですか?」
「ブンガクですか?ぶんぶく茶釜のタヌキは知っとるが、ブンガクは聞いたことがねえなあ。」
「こんなに美しい川で働きながら、文学を知らないとは…。とても残念でたまりませんね。文学を知っていたら美しい文を書けたはずなのに…。あなたの人生の4分の2が死んだも同然です。」


勉強して立派な学者になったのかもしれませんが、船頭さんは聞いていると腹が立ってきました。それでも黙って船を漕ぎ続けました。ところが、博士はまた聞いてきました。
「何度もお聞きして申し訳ないんですが、船頭さん。天文学をご存じですか?」
「そんなもん知らん。夕焼けなら明日は晴れ、朝焼けなら今日は天気が悪い、それなら知っとる。」
「それはそれは…。天文学も知らずに川で船を漕いでいるとは。あなたの人生の4分の3が死んだのも同然です。」
船頭さんは本当に腹が立ち、興奮したせいで船が川の中の岩にぶつかってしまいました。普段はうまく避けた岩なのに、その日に限って見落としてしまったのです。船が岩にぶつかったとたん「バリバリ」という音とともに船の下に大きな穴ができて、水が入ってきました。


そこで、船頭さんは
「先生、泳げますか?」
「お、お、泳げません。た、助けてください!」
「それは、あわれじゃのう。あんたさんの人生の4分の4がもうじき川に沈んでいくよ。」

                    
人は「平等」をよく口にします。特に政治家は選挙のときの公約として掲げることがよくあります。ところが、口では平等を求めますが、心の底では平等を求めていません。人よりよい生活をし、人より高い地位を求め、自分の子が隣の子より成功するのを求め、決して平等を求めてはいません。


どんな民族もどんな国でも民主主義と平等を呼びかけますが、人は上下や身分を分けることを好みます。普通、自分は周りの人よりましだということに優越感を覚え、それに満足しています。自分の優れた部分をあからさまに口にする人もいれば、口にはしなくて心の中で「自分は才能があり何でもやればできる」と思っている人もいます。

 

自分に優れていると思うことがあると、「自負心」というものが形成されます。そういう人は他人を無視して、自分の考えが正しいと思い、誰かの助言を必要としません。そのため、社会生活が円滑にいかなくなり、人間関係にも問題が生じます。

 

国際青少年連合のマインド教育は最高レベルの人格教育です!

 

>>>「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー2 へ続く

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー8

国際青少年連合のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー8

著者 パク・オクス顧問

 

f:id:bennaya67:20170807223447j:plain

 

 

大きな金のかたまりを
再び土に埋めた母

中国に母と息子が住んでいました。あまりにも貧しかったため、息子は山で切った木を市場に持っていって売ることで何とか生計を立てていました。雪が降ったり雨が降ったりして山に行けないとその日はご飯が食べられないので、息子は毎日休まず山に行きました。

貧しい生活でしたが息子は心を尽くして母に孝行しました。母はそんな息子が結婚する年になったのにお金がなくて結婚できないのが心配で、胸を痛めました。『せめて嫁さんが来てくれたらいいのに。お金が少しでもあればよいのに・・・。』と思いました。


その日も息子は山に行き、母はほうきで庭をはいていました。この間から庭の大きな石が足にひっかかって気になっていたのですが、手で取り除こうとしてもだめでした。今日は草刈鎌で石の周りを掘りながら取り除こうと掘ったのですが、よく見てみると色が石の色ではありませんでした。何だろうと思って水を汲んできて磨いてみたら、大きな金の塊でした。


それを見た瞬間、泥棒をしてばれた人のように胸がドキドキして、急いで元通りに土で覆いました。
『うちの庭にこんなに大きな金があったなんて・・・!』
その日から母は眠れませんでした。夜、横になると金の塊でできることをあれこれ想像しました。
『あの金を砕いて少し売れば家も買えて息子も結婚できる・・・。』
そう思うと何日間も寝つけませんでした。母の顔色がすぐれないので息子は心配になりました。

「どこか悪いのですか?」
「いや、大丈夫。」
「ご飯もちゃんと食べられないみたいだけど。」
「大丈夫だって。」
普段どおり息子は山に行き、母は部屋に座ってまた考え込んでいました。金の塊でできることを考えるだけで胸が一杯でした。母はもう少し深く考えてみました。
『庭に金の塊があるということを知ったら息子は山に行くだろうか。たぶん行かなくなる。そうなったら何をするだろう。』


山のふもとにある村の金持ちの家の息子たちが、居酒屋にいたり賭博をしたりしながら過ごしているということをよく耳にしました。息子が今は真面目でも金の塊があることを知ったら、山へ行かずに金持ちの息子たちといっしょに酒を飲んだり賭博をしたりするような気がしました。

『息子が賭博をしてすべてのお金を失ったら、お金が要るから金の塊をくれと言うに違いない。もし、それをあげなかったら絶対けんかになる。』

深く考えてみると息子が別人になってしまいそうでした。いくらお金があってもそんな生き方は幸せでないと思いました。母は数日悩んだ後に結論を出しました。『あの金の塊があれば広い家に住み、おいしいものが食べられ良い服が着られるかもしれない。でも息子との仲は壊れ、結局は他人同士のようになってしまう。』

ある日、母が息子に話しました。
「ちょっと話したいことがあるの。」
「はい。なんですか。」
「最近毎晩死ぬ夢を見るの。この家にいたら長生きできないかも知れない。お母さんはもういつ死んでも未練はないけど、一人残るおまえのことを考えるとつらくて死に切れない。だから他の所に引っ越したい。」
「お母さん、たやすいことじゃないですか。」
「そう、ありがとうね。」
しばらくして母と息子はその家には二度と戻って来られない遠い所へ引っ越して、そこで同じように木こりをしながら暮らしたそうです。金はあの家に埋めておいたままで。

                          ====================================

今の人達がこういう話を聞いたら「バカみたい」と思うでしょう。金の塊も使って仕事も頑張ってやればいいのに、なぜ金を捨てて引っ越したのかと。しかし人間はそれがうまくコントロールできないのです。心をうまく治められない人は、たくさん持っていると幸せになるどころか災いをもたらす確率がずっと高いのです。

欲がなかったら人間ではありません。誰でもおいしいものが食べたいし、いろいろ習いたいし、いいものがほしいし、素敵な人と結婚したいし、いろいろな欲求を持っています。
しかしその欲だけでは不完全なのです。欲より強い自制心を持ち、必要な時その欲にブレーキをかけられなければなりません。実際に、アメリカで宝くじに当たって一夜にして億万長者なった人のほとんどが、以前より不幸になったそうです。

 

思考力と自制心を育てなければならない

人間は考えなくてはなりません。深く考えて自分を信じる愚かさから抜け出さなければなりません。

車にエンジンが重要であると共にブレーキも必ず要るように、やりたいことを我慢してやりたくないこともやってみるなど、小さい頃から心を治める訓練をしなければなりません。子供の時からもう一度考え直すことと我慢することを学んでいけば、将来どんなことをやってもその分野で立派な人になれます。

自分をコントロールする力がないと常に問題がおきます。エンジンとブレーキの性能が両方とも優れていて車のスピードが出せるように、私たちの人生も同じです。若者たちの心にはやりたいことが数えきれないほどたくさんあり、それらに向かって走っていける力もあります。

一生懸命勉強して、研究して、練習して・・・。そういう姿を見ると本当に微笑ましいです。しかしぜひ覚えておいて欲しいことが、それと同時に自分をコントロールする力も育てなければならないということです。

 

国際青少年連合のマインド教育は多くの若者たちを救っています!

 

>>>「私を引いて行くあなたは誰か」4章ー1 へ続く

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー 7

国際青少年連合のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー7

著者 パク・オクス顧問

 

f:id:bennaya67:20170801231302j:plain

 

自制心 自制心は若さを思う存分発散させてくれる安全装置だ  


ブレーキの性能が確かなら車が全速で走れるように、やりたいことを最大限
にするためには自制心を養わなければなりません。つまりやりたいことがあ
っても我慢してみたり、やりたくないことも快くやってみたりしながら、心
を治める訓練をすることが必要なのです。

 

思考する力を奪われたまま生きる現代人

人は自制心がないと自分のやりたいままに生きようとします。そうするうちに過ちを何回か繰り返したら、その時になって自分の間違いについて考えるようになります。
『あの時、なぜ怒鳴ってしまったんだろう。』
『どうしてよく考えずに決めてしまったんだろう。』
こんなふうに後悔する人がたくさんいます。好き勝手に生きれば結局苦痛と後悔だけが残ります。ですから深く考える必要があり、欲求を抑える力も育てなければなりません。


最近はみんな忙しくて何かに夢中になる余裕も時間も多くありません。テレビやコンピューターゲームのようなエンターテイメント産業の発展で、人は瞬間的に浮かぶ考えのまま行動し、もう一度よく考えてみるという二次的な考えはできなくなってしまいました。


昔から中国と韓国の人達は将棋をよく指しました。中国の将棋は楚の国と漢の国(春秋戦国時代に中国で強大な勢力を持った国)が戦うのですが、王がいて、王を守る「士」がいて「車」「砲」もあって「馬」「象」「兵」もいます。将棋盤の上で二つの国が戦うのですが、お互いに深く考えながら将棋を指します。相手の「象」が出てきます。『おかしいな。「車」に殺されるのに。あっ、後ろに「砲」が待っているのか』そう考えながら一手一手指していきます。


いろいろな方法を使いお互いに作戦を考えながらゲームが進みます。相手がどんな位置に駒を置くか深く考えながら、わざと相手をイライラさせて遅く指すこともあります。将棋はただ目に見えるままに指すと、すぐ相手が仕掛けた罠にはまってしまいます。相手の作戦をよく見極めてから次の対応を考えなければなりません。


初めの章で書いた麻薬中毒者のフーリオは、20年の間麻薬を続けながら何も考えませんでした。何も考えずにお金さえあれば麻薬をしたのですが、そんなある日、腐ったパンを食べながら考え込みました。

『こんなふうに麻薬中毒者になって、おいしいものも食べられず自分の車や家も持てないで、独身のまま死んでしまうかも知れない!』

数ドルあれば温かいご飯が食べられるのに麻薬にお金を全部使い果たしてしまい、初めてゴミ箱の腐ったパンを拾って食べる自分の姿をみじめだと感じました。『病気になったら誰が病院に連れていってくれるんだ?死んだら誰が悲しんでくれるんだ?』


自分が置かれた状況を考えてみたらあまりにも哀れな存在だったのです。
フーリオがそのように考えなかったら一生麻薬中毒者のままを生きながら人生が終わってしまったかもしれません。しかし考えてみたから今までとは違う考えに変わり、その思いが人生を変えてくれました。再び麻薬学校に入った時の先生の話が初めて心に響き、先生の言う通りにして麻薬から抜け出せたのです。


子供は元気に遊ぶことも必要ですが、思考力を育てる遊びを通して考える力を育ててあげなければなりません。

「テトリス」は上から落ちてくるブロックをすきまなく積んでいって、横一列ぎっしり詰まったらその列が崩れるというゲームです。最初はブロックが落ちる速度が遅くてすきまなく合わせやすいですが、後には雨が降るように落ちてくるため考える少しの余裕さえなくなります。反射的に手で動かさなければなりません。最近のゲームは深く考える暇がありません。感覚的に速やかに対応しなければならないので、そういうゲームを長期間やっていると思考力が著しく落ちます。


テレビを韓国では「バカになる箱」というのですが、それも同じことです。こう言うと「どうしてですか?テレビから新しい情報も得られるし、勉強にもなるのですよ。」と思うかもしれません。テレビを通して幅広い情報や知識が得られるのは事実ですが、思考力を育ててはくれません。難しい本を読んでいて意味がわからない部分があったら、2回、3回繰り返して読んでいくうちにわかるようになります。


ところが、テレビはチャンネルを急に変えても5分も見れば誰でも話の筋がわかるので深く考える必要がありません。ご飯を食べている途中に見ても、朝起きて目をこすりながら見てもすぐ理解できます。テレビを見ながら理解するために真剣に考える人はいません。


テレビを見るとおもしろいかも知れませんが、理解できる範囲内のものだけに接するので思考する能力はだんだん弱まり、最後には思考できない人に変わってしまうのです。思考ができなければ何かをするとき綿密な準備もせず無鉄砲にぶつかります。とりあえずやってみます。誤った道に進むようになった人を分析してみるとそういう傾向が強いのです。

 
国際青少年連合のマインド教育は最高レベルの人格教育です。

 

>>>「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー 8へ続く

 

国際青少年連合 ワールドキャンプ 面白写真集

国際青少年連合 2017年韓国のワールドキャンプでの面白写真集

国際青少年連合ではワールドキャンプの思い出の写真に面白い

写真を募集していました。

 

いずれも傑作ぞろいです。

こんな写真を撮る方法もあったのかと感心したり、何気ない写真

であっても意味が込められていたりで、意義深い写真です。

来年は私もこんな傑作な写真を撮りたいなと思いました。

f:id:bennaya67:20170731223807j:plain

 

f:id:bennaya67:20170731223821j:plain

f:id:bennaya67:20170731223829j:plain

 

f:id:bennaya67:20170731223839j:plain

こいうのが好きですね~!

f:id:bennaya67:20170731223922j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731223930j:plain

f:id:bennaya67:20170731223940j:plain

日本の名高い零戦闘機ですが・・・

f:id:bennaya67:20170731224039j:plain

f:id:bennaya67:20170731224058j:plain

f:id:bennaya67:20170731224108j:plain

これも日本の統治下の時代ですね・・・

f:id:bennaya67:20170731224203j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224213j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224234j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224245j:plain

f:id:bennaya67:20170731224259j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224322j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224336j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224351j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224404j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224416j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224430j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224443j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224501j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224513j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224530j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224543j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224601j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224637j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224652j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224721j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224736j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224748j:plain

f:id:bennaya67:20170731224814j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224839j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731224853j:plain

 

 

 

f:id:bennaya67:20170731224918j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225030j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225051j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225124j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225229j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225245j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225145j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225330j:plain

こういうのも好きですね~

 

f:id:bennaya67:20170731225425j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225445j:plain

 

 

f:id:bennaya67:20170731225504j:plain

これは何が面白いのかわからない!しかし、8人中3人しかユニフォームを着てない

バラバラな青年たち、笑顔だけはそろっています!

 

国際青少年連合のワールドキャンプでは 面白写真集を毎回募集しています。

あなたも来年は応募したらどうですか?

 

 

国際青少年連合 ワールドキャンプ 思い出の写真集 最終版

国際青少年連合 2017年韓国のワールドキャンプの思い出の写真集です。

韓国のワールドキャンプもすでに終わって2週間も過ぎました。

国際青少年連合2017年韓国のワールドキャンプの記事もこれで最終と

したいです。

f:id:bennaya67:20170728224509j:plain

国際青少年連合の象徴のような写真です。国際的な青少年たちの連合の姿です。

 

f:id:bennaya67:20170728224708j:plain

国際青少年連合のワールドキャンプにはいつも人気者のRio Montana が活躍します

 

f:id:bennaya67:20170728225007j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728225131j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728225300j:plain国際青少年連合モッポ支部で撮影しました。

 

f:id:bennaya67:20170728225421j:plain

国際青少年連合モッポ支部での観光 かっぱに似た形をしているからかっぱ岩

 

f:id:bennaya67:20170728225631j:plain

コチョクスカイドームへ川の飛び石を渡る これ本当は渡らないで下さいと、ボランティアが制止していたのですが、近道なのでみんな強引に渡って行きました。

 

f:id:bennaya67:20170728225932j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728225959j:plain

コチョクスカイドーム

 

f:id:bennaya67:20170728230054j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728230157j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728230222j:plain

青少年教育部長官フォーラムのワンショット

 

f:id:bennaya67:20170728230431j:plain

 

f:id:bennaya67:20170728230517j:plain

国際青少年連合 2017年韓国のワールドキャンプ 行きは家族とフェリーで、帰りはひとりで飛行機で帰国しました。

まだまだ名残惜しいですがこの辺で思い出の写真集は最終とします。

 

 

国際青少年連合 ワールドキャンプ 思い出の写真集

国際青少年連合 2017年韓国のワールドキャンプでの思い出の写真集

2017年韓国のワールドキャンプももう終わっていますが、思い出の写真

がたくさんあってブログで紹介しきれません。

 

国際青少年連合のワールドキャンプは世界中で開催されていますから

韓国のワールドキャンプにこだわることもないのですが、韓国のワールド

キャンプはその規模がハンパではありません。

 

ですから、来年も韓国のワールドキャンプには必ず参加します。

みなさんもぜひ参加して下さい。価値観が変わります。

思い出の写真をランダムに載せます。これで終わりにしたいですが

どうなることでしょうか?

f:id:bennaya67:20170727212718j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727212742j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727212814j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727212901j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727212927j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727212956j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213029j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213118j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213138j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213211j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213229j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213247j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213329j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213403j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213430j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213505j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213554j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213637j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213714j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213801j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213840j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213909j:plain

 

f:id:bennaya67:20170727213944j:plain

韓国のモッポにある山に登りました。山といっても2-300mですが、久しぶりの登山に

足腰がガクガクでした。彼女たちは国際青少年連合香港支部から来ました。

 

韓国ではハングルができればよいですが、英語ができれば世界中の国から参加する人たちとの会話が弾みます。国際青少年連合の支部が世界50カ国以上ありますから、英語を学べばより楽しいワールドキャンプになります。