国際青少年連合スタッフのブログ

国際青少年連合スタッフのブログです。青少年たちの人生が大きく変わっていく姿を見ていつも感動を受けています。

【スポンサーリンク】

国際青少年連合IYF のマインド教育著書「私を引いて行くあなたは誰か」1章ー4

国際青少年連合IYF のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」1章ー4

 

心 川のように心にも流れる道がある

 

このお店で食べると

家で食事をしているような気分になる

 

 ライチャススターズ(Righteous Stars)という大学生のダンスグループがあります。昨年、アンドンとチョナンで行われた韓国最大のダンスコンテストでどちらも大賞を得、ロードパレードでも賞をもらいました。チョナンのホンタリョンのダンス大会の時、司会者が「ライチャススターズがどうしてこんなに上手なのかと見ながら考えたのですが、他のチームはただ踊っていますが、彼らは楽しみながら踊っていますね。」といいました。

 人はいくら一生懸命働いても、楽しんで働いている人とは比べものになりません。楽しんでやると成果はぐんと伸びるということです。麻薬をやめることも、うれしい気持ちでやめるのとがんばってやめるのとでは違います。靴をうるのも、ただ売る人と楽しんでお店をやっている人とでは次元が違います。心の世界を知るとただ『がんばって勉強しなくちゃ。がんばって働かなくっちゃ』と思うのではなく、楽しんでやるようになります。

 私が知っているある夫婦がアメリカで小さなレストランを経営しています。子どもたちはみな結婚して夫婦2人暮らしなのですが、町の人たちが来ておいしく食べてくれることが生きがいだそうです。お金をたくさん稼ごうという欲がないので、お客さんが来ると話をし、おかわりをくれと言われれば、喜んでたくさん出してあげました。お客さんたちはこのお店に来ると心まで楽しくなりました。『ここで食べると家で食事をしている気分になる。』お客さんたちはみなそう思うので、常連客が多くなってお店は大繁盛しました。そんなレストランがあったら誰だってまた行きたくなります。

 

 お金が目的の人は、より多くの利益を残すために材料を削りたくなり、いつの間にか料理の料が減り、材料の新鮮度も落ちて行きます。お客がそれに気付くと、もうそのレストランには行かなくなります。どんなことでも、自分の利益のためにやればそうなります。勉強も自分のためにやれば競争意識が激しくなるので、人との関係が形式的で殺伐とします。そうなると内面的に失うものが多くなります。

 学識が高いとか、ずば抜けた技術があればお金をたくさん稼ぐことはできますが、心の世界まで知れば人生がとても幸せになります。夫婦間で問題が起きることもなくなり、精神科の治療を受けることもなく、自殺を考えるような深刻な状況になることもありません。

 

≫「私を引いて行くあなたは誰か」1章ー5へ続く