国際青少年連合スタッフのブログ

国際青少年連合スタッフのブログです。青少年たちの人生が大きく変わっていく姿を見ていつも感動を受けています。

【スポンサーリンク】

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」2章ー7

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」2章ー7

著者 パク・オクス顧問

 

f:id:bennaya67:20170620213946j:plain

 

欲 子どもの時から我慢する訓練をしてきたか?  


この世の中で自分の思い通りに生きている人は誰もいません。内閣の大臣であろうと、総理大臣であろうと、自分の思い通りにはできません。欲求を抑えられずに高い位置から突然転落する人を新聞でよく見ます。

 

国際青少年連合のマインド教育なら誰でも変わります。

 

今からでも欲求を抑えて
心を低くする方法を習うべきだ


子どもが小さい時から我慢をすることを教えることは、とても大切なことです。親がすばらしい教師であっても、有名な政治家、優れた事業家であっても、心の世界を知らなければ、ただ何でも望むとおりにしてあげたいと思います。

子が願うものを出来る限りかなえてあげて、その子が立派な大人に育つのを願う親は多いですが、我慢を教えながら育てる親はあまりいないでしょう。欲求を抑え、心をコントロールする方法を習ったことがないのなら、遅いですが今からでも自分の心をコントロールする方法を学ばなければなりません。もっと年をとってから始めるより、今始めてください。


乳児期に我慢をすることを体験させずに、高校生になってからそれを教えようとすれば、反抗して、それでもだめなら家出をしてしまいます。5,6歳の時は、家出ができないので仕方なく我慢をしますが、大きくなれば我慢をせずにその囲いから抜け出してしまいます。

 

刑務所にいる人たちは、欲求を抑えられなかった人です。自分が思ったことは何でもせずにはおられないので、結局、犯罪の道にためらいもなく入っていってしまったのです。


この世の中で自分の思い通りに生きている人は誰もいません。内閣の大臣であろうと、総理大臣であろうと、自分の思い通りにはできません。欲求を抑えられずに高い位置から突然転落する人を新聞でよく見ます。子どもの時から自分の感情をコントロールする訓練ができている人は、大人になって何かしようと思った時にも、「これはやってはだめだ。」と心に線を引きます。

 

ところが、それが全くできない人たちがいます。何かしようとしたときに、その条件が整っていなくても、その人は感情が抑えられず、その欲求を満たすために犯罪者になってしまうのです。

 

誰でも心が高慢になれば、その人は後で悲惨な状態になります。人々はそのような心の世界をよく知らないので、経済的に豊かになるとそれに比例して心の姿勢も高くなり、何かに成功するとまた心はふわふわ浮いていきます。

前章に出てきた金持ちの家の弟のように、自分は何でもうまくできると信じていたために、誰の助言も聞かずに自分がしたいように、自分がしたいままに、突き進んでいきます。そのような人は、必ず近い将来壁にぶつかることになり、苦しみ、不幸になります。

 

私たちは心を高ぶらせずに、逆に低くする方法を知らなければなりません。欲求を抑える方法を習わなければならないのです。その時、本当に幸せになれます。

 

国際青少年連合のマインド教育著書
「私を引いて行くあなたは誰か」より

f:id:bennaya67:20170612215708j:plain

 

            ---------------------

 

この方が国際青少年連合のマインド教育を受けていたら人生が変わっていたでしょう!

 

心が高くなると悲惨なことになるのは誰でも経験したと思います。
この方は現在は喜連川社会復帰促進センターから出所していますが、実刑判決を受けていわゆる臭い飯を食べたのです。


42歳で大王製紙の第6代社長に就任した井川意高氏です。
東大法学部を卒業した秀才で、親からはしごかれたようです。


オーナー企業の創業家出身に加え、取引先との関係改善やブランド戦略などによって、大王製紙の家庭紙事業を黒字転換させたその経営手腕が評価されて社長になったが、2011年3月期の大王製紙の連結決算で182億3400万円という巨額の赤字を記録し社長を辞任して会長に退いた。

 

井川意高氏はカジノにはまってしまい、抜けられなくなったようです。そのほか遊びも芸能人との豪遊などスキャンダルでマスコミにもずいぶん登場していました。


詳しくはウィキペディアで参照してください。
大王製紙事件 ウィキペディアから引用

大王製紙の創業家経営者である井川意高が2010年4月から2011年9月までの総額で100億円を超える金を不正に引き出していた事件である。経営者辞任から刑事事件に発展した。

上場企業の創業家経営者が個人的なカジノの賭け金のために子会社から多額の資金を引き出して、会社に損害を与えた事件として注目された。

 

このような人も変わる国際青少年連合のマインド教育です。


≫「私を引いて行くあなたは誰か」3章-1へ続く