国際青少年連合スタッフのブログ

国際青少年連合スタッフのブログです。青少年たちの人生が大きく変わっていく姿を見ていつも感動を受けています。

【スポンサーリンク】

国際青少年連合のマインド教育著書 「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー 6

国際青少年連合のマインド教育著書

「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー6

著者 パク・オクス顧問

 

f:id:bennaya67:20170628225508j:plain

 

自制心 自制心は若さを思う存分発散させてくれる安全装置だ  


ブレーキの性能が確かなら車が全速で走れるように、やりたいことを最大限
にするためには自制心を養わなければなりません。つまりやりたいことがあ
っても我慢してみたり、やりたくないことも快くやってみたりしながら、心
を治める訓練をすることが必要なのです。


国際青少年連合のマインド教育を受けた家族はみんな幸せになります!

 

どちらもうぬぼれが強かったため
離婚せざるを得なかった夫婦


ある日若い婦人の相談に乗ったことがあります。その方は2年半前に離婚し
たと言っていました。なぜ離婚したのかと尋ねたら、ご主人との性格の不一
致が原因だと言いました。

私はこういう話を聞くと笑いが出てしまいます。性格が合わなかったら合わ
せればいいじゃないですか。主人と話し合って「私の性格はこうであなたの
性格はああだから、こうやってちょっと合わせてみましょう」と調整したら
いいのです。それができないのは心の世界を知らないためです。

自分の意見をとりあえず横に置いておいて夫の話を受け入れようとはせず、
相手の話には耳を貸さずに自分に合わせろと要求しているからです。夫は夫
なりに妻が自分に合わせてほしいのです。心が高慢な人は自分の立場ばかり
主張するので、お互いに心が合わないのです。

私は再び婦人に聞きました。
「家にクーラー、ありますか。」
「はい。」
「クーラーを設置して最初は涼しかったのですが、しばらくしたら冷風が強
すぎてブルブル震えるくらいまで寒くなったら、クーラーを取り外して捨て
ますか?」
「いいえ、リモコンで調節します。」
「テレビを新しく買ってつけたら音が大きすぎてうるさかったら、テレビを
捨てますか?」
「いいえ、ボリュームを調節します。」

「私は今まで数えきれないほどの機械を見てきましたが、人間ほどよく作ら
れている機械は見たことがありません。」
実際に人間ほど精巧な機械があるでしょうか。暖房をいくらうまく調節して
も、建物の室内温度をいつも37度に合わせられますか?それは不可能です。


では人間の体のどこかにヒーターがありますか?お腹の中にありますか?胸
にありますか?心臓にありますか?この体にはヒーターはありませんが、体
は一定の体温を保っています。

また暖房は薪、練炭、石油、ガスなどその燃料がそれぞれ違って、石油スト
ーブの燃料にガスは使えませんが、人はアイスクリームを食べても熱を出す
し、白菜を食べても熱を出すしご飯を食べても熱を出します。本当に不思議
です。


(多くの家庭、家族が国際青少年連合のマインド教育によって救われていま
す)

 

こういうことから見ても、人間はクーラーやテレビとは比べ物にもならない
ほど精巧なのです。私はその婦人に話しました。
「人間と比べるとクーラーやテレビは安物です。安物のクーラーやテレビに
も調節装置があるのに、人間に調節装置がないでしょうか。」
その奥さんはこちらをただじっと見ているだけでした。
「それを今まで知らなかっただけで、ありますよ。」

心の調節機能を知らないため、離婚しなくてもいいはずの人達が離婚し、喧
嘩しなくてもいい人達が喧嘩し、刑務所に行かなくてもいい人達が刑務所に
行きます。
「ご主人は再婚なさいましたか?」
「していません。」

私はそのご主人に会いました。能力のある奥さん以上にご主人も本当に頭も
よくてきちんとしていて社会的にも有名な方でした。奥さんと再婚するよう
に言いました。夫も離婚して寂しく過ごしていたらしく、再婚の話をしたら
うれしそうでした。子供たちが一番喜び、両家の親も喜びました。離婚して
から人知れず苦しんできた二人が、今はとても幸せに住んでいます。

しばらくしてそのご主人が私を訪ねて来ました。
「牧師先生、私たち夫婦がどうして離婚したと思いますか。」
「心が合わなくて離婚したんじゃないですか?」
「いいえ。」
「奥さんがそう言っていましたけど?」
「そうですか。でも、そうじゃありません。」
「では、どうして離婚しましたか?」

「私たちは離婚して当然でした。私はうぬぼれていてあの女がいなくても生
きられると思っていました。それにもっと大きな問題は、妻は私より5倍位
うぬぼれが強かったということでした。私たちは二人ともうぬぼれが強かっ
たので自分の主張ばかりでした。こんな二人ですから離婚して当然です。

 

国際青少年連合のマインド教育著書
「私を引いて行くあなたは誰か」より


-      --------------------

国際青少年連合のマインド教育は大学の専門教科に取り組まれています。


≫「私を引いて行くあなたは誰か」3章ー7へ続く